HOME < 結婚相談室開設 Q&A < (株)全国ブライダル連盟 < 相談室一覧 < 相談室遵守事項 < 倫理領網 < 室長規則

                      
                           室 長 規 則                                             
                                                              全国ブライダル連盟

第1条
 結婚相談室長並びにカウンセラー(以下室長という)は、全国ブライダル連盟の名誉を汚し、信用を失うような言動や行動を行ってはならない。.

第2条

 室長は顧客の勧誘に際し、以下の順番で説明をしなければならない。
  1.「個人情報保護に関するしおり」を明示して説明すること。
  2.「結婚情報サービス内容説明書」をよく説明し、顧客が納得された後、記名捺印をして頂く。
  3.「入会申し込み誓約書」を説明し日付を記載した後、記名捺印をして頂く。
  4.「入会申込身上書」に記入のうえ記名捺印をして頂く。

第3条

 入会の諾否は、顧客第一主義に経って、かつ、次の基準により審査の上・その決定をしなければならない。
   1.顧客が結婚できる状態にあること
   2. 顧客との契約条件に見合った十分なサービスが提供できること
   3. 顧客が入会された場合、他の会員に迷惑をかける行動をとるおそれがないこと
   4.その他会員契約書第4条の入会資格を満たすこと


第4条
 自室の会員として紹介活動をする場合には、必ず会員情報に登録しなければならない。また登録にあたって
 会員契約書第5条の書類等は、室長が必ず会員に提出させ会員プロフィールに誤りがないか否かを確認する事。
 また、当該書類は室長が責任をもって管理しプライバシーの保護などに努める事。

第5条
 室長室自身が結婚相手を探すときは、必ず連盟事務局に会員契約書第5条の書類を提出する事。
 尚、お見合いのもうしこみをするとき又は受けるときは、本人であることを相手方に伝える事。

第6条
 自室の女性会員の成婚料を、相手相談室の男性会員に支払ってもらいたい場合は、チェリーやピーチ会員として
 登録しなければならない。なお、ピーチ会員のビザ期限は6ヶ月以上とする。また、お見合い料は以下の通りとする。
  a. チェリー会員のお見合い料を相手相談室の男性会員に支払ってもらうことは出来ない。
  b. ピーチ会員の場合は、男性会員からお見合いの申し込みをした場合には、男性が女性分のお見合い料も持つこと。
    ピーチ会員から、お見合いの申し込みをした場合は、男女共各々がお見合い料を持つこと。


第7条
 <お見合いの申し込みをするかどうかを決めるため>会社名や学校名又は氏名等の問い合わせを受けた場合、
 お互いに教え合っても良いかどうか、あらかじめ入会時に確認をとっておくこと。


第8条
 お見合いの前日迄に、原則として申し込み側が会員さんに日時・場所等の確認を取り、相手相談室にも確認の電話を入れる。
 定休日をはさむ場合は事前に確認をする事。


第9条
 室長が、「会員の確認を取らず」にお見合いの申し込みをし、お相手が承諾.した後、「本人が嫌がっている'」から
 といって断ることは出来ない。断った場合は"室長"が、5,000円のペナルティを相手方に支払うこと。


第10条
 お見合いの申し込みをして14日以内に承諾の返事がきた場合、必ず会わなければならない。例え、他の相手と
 交際に入った場合でも、責任上そのお見合いは断ることは出来ない。( 断ると5,000円のペナルティとなる)。
 14日経過しても返事がない場合は、"お断り"として処理する。
 もし、14日経過後に「お見合いを承諾」の返事がきた場合には、新たに相手からの"申し込み"とする。
 但し、お見合い承諾の返事があり、お見合いが成立した場合でも、お見合い日が決まらず、お見合い成立の日から30日経過した場合
 (お見合い成立の翌日から計算)、申し込みを受けた会員はペナルティ無しでこのお見合いをキャンセル出来る。


第11条
 お見合いの申し込みに対しては、お断りの場合でも、室長は必ず返事をすること。

第12条

 お見合いのコンタクト・変更・結果の報告・その他、他相談室会員への連絡は必ず所属の室長を通して行なうこと。

第13条
 お見合いの立ち会い・パーティーなどにより知りあった他相談室会員には、以下のことをしてはならない。
  1.名刺を渡したり・貰ったりする。
   2.電話番号を教えあうこと。
   3.パーティーの帰りにお茶を飲むこと。
   4.担当室長の承諾なしで手持ちの会員を勧めること。
   5.お見合いや交際終了後、他相談室会員に電話連絡やメールをする事。

   6.その他「相談室から自室相談室への入会を勧める」等の勧誘してはならない。

第14条
 原則としてお見合いの決定後の日時の変更はしてはならない。但し、病気やけがそれに類するものの場合や
 双方相談室が認めた合った場合には、1ヶ月以内での変更は出来るものとする。


第15条
 自室会員が、約束した(相手が承諾した)お見合いをやむなくキャンセルした場合、ペナルティ5,000円を相手方に支払うこと。
 なお、以下の場合はスッポカシとみなし、10,000円のペナルティを相手方相談室に支払う事。

   @お見合いの当日の日程変更。
   A前日午後5時以降のキャンセル。
   Bお見合い時間間近となっても、お相手会員に連絡が取れない時。
     但し、早めに連絡が取れ <相手会員も納得され> 後日改めてお見合いとなった場合は、この限りではない。


第16条
 お見合いの結果は、当日又は翌日午前中に自室会員より返事が聞けるよう指導して下さい。
 よって、お相手相談室には午後1時までに連絡する事。(男性の返事が先の法が望ましい)
 なお、連絡が遅れる事が事前にわかっている場合は、日時を指定し先方の了解を取っておくこと。


第17条
 お見合いの立ち会いは、原則として女性側室長が行う。但し、双方室長の合意があればこの限りではない。
お見合い場所の決定は。女性室長が主導し、双方室長の合意の上、行うものとする。
なお、遠距離お見合い時お見合いの場所を話し合いで決めてください。その場所までの交通費はお互いが持ってください。

第18条
 交際時のルール
   1.お見合いが成立した時のお名前の交換は姓のみとする。
   2.お見合いをした会員間の電話番号交換は、交際確認後室長を通して行うよう指導しましょう。

   3.交際を了承する返事をした後、正当な理由もなく、一度の出会いも無く交際の中止を申し出た場合は、
     指導ミスとして罰則5千円を室長が支払う事。室長には、会員が一度は必ず会うよう指導する責任があります。
     但し、電話やメールで会話が成立している場合はこの限りではない。

   4.複数の同時期見合いや交際は認められるが、交際期間の重複は2ヶ月以内とする。
     基本的には3回までの出会いで結論を出すよう指導して下さい。
   5.交際期間については、お見合い日より3ヶ月で、"交際を継続する"か"お断りをする"かを確認のこと。
     また、成婚料を受け取る場合は相手側にも一報して下さい。
   6.交際をお断りする場合、室長を通して行うよう指導してください。交際終了のシステム上の手続きはトラブルを
    未然に防ぐため、交際終了を受けた相談室が設定するようにして下さい。

第19条
  婚約決定後の消化お見合いの処理について
  お見合いを申し込みした後の返事が2週間たたないうちに、交際していたお相手と婚約が成立し、他の申し込みをした相手側より
  お見合い承諾の返事があった場合にはキャンセルして下さい。この場合キャンセル料(5,000円)をお相手側に支払う事になります。
  婚約が成立したにもかかわらず、"消化見合い"はどちらの方にも失礼になります。


第20条
 室長が、会員から金銭の借り入れをする行為は、理由の如何を問わず禁止します。
 また、会員契約書に記載以外の金銭授受も禁止します。

第21条
 連盟主催の会員向けパーティーに参加する方は、連盟登録の会員であること。


第22条
 パーティーに参加申し込みをした会員が、当日欠席の場合でも室長が責任を持って、参加費を納めること。
 なお、キャンセルの受付は前日の正午までとし、それ以降のキャンセルの場合も室長が参加費を納めることとします。。


第23条
 パーティー会場での室長の飲食は、固く禁止しています。

第24条
 パーティーにおける写真撮影は、会員のプライバシ一を守るため禁止しています。

第25条
 室長間の電話連絡は、午前10時〜午後8時までとする。また、FAXは、午後10時までとする。

第26条
 会員情報の家族欄には、同居していない親・兄弟や親権が相手方ににある子供も掲載すること。

第76条
 室長は会員や他の室長に対して、物品の販売や宗教・投資などの勧誘を行ってはならない。

第28条
 何らかの理由により、長期の休業や廃業をする事になった場合には、必ず連盟事務局まで連絡すること。

第29条
 チェリー会員やピーチ会員の成婚料は、男性側室長が責任を持って集金すること。
 なお、お預かりした成婚料は、20%の集金手数料を差し引き3日以内に女性側室長の預金口座に振り込むこと。

以上
 
 2016.07.22 (SK1311) 

                                                    

WBL TOP  


Produced by WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd.
Copyright(C) WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd. All rights reserved.
info@zenburen.co.jp