HOME  >会員入会Q&A >入会申込誓約書 >在日外国人の入会の付則 >在日外国人女性との結婚・交際誓約書(日本人男性用)


        在日外国人女性との結婚・交際誓約書(日本人男性用)

                               
                                        全国ブライダル連盟

この誓約書は、日本人男性         (以下、甲という)が、在日外国人女性(以下、乙という)との成婚に向けての
お見合いから交際、そして婚約を順調に行うために実施するものです。乙の結婚に向けての活動期間は、原則として
最長2ヶ月となります。甲はできるだけ、この期間中に成婚か否かの結論を出すように努めるものとする。
甲は上記を了承した上で、下記内容に間違いのないことを誓約する。
 
1 本来、お互いにご自分の成婚料、お見合料は会員自身が負担するのが原則ですが、女性の場合、収入がなくても
 結婚ができることから、乙が、ビーチ会員として会員登録をしている場合、甲が乙とお見合いをする場合、下記の
 事項を了解した上で、お見合いをいたします。

 (1) 成婚料、婚姻にあたっての手続料、甲乙分合計で120万円(税別)を甲が負担すること。
   なお、120万円(税別)の内訳は、男性成婚料50万円、女性成婚料50万円、相談室が行う入籍等必要な
   提出書類のアドバイス、指導、補佐料及び円滑な結婚生活の為のアフターフォロー費用を含めた20万円、
   合計120万円となります(全て税別)。

 (2) 見合料についても、甲からお見合いを申し込んだ場合は、甲が甲乙分を負担すること。なお、お見合料は5千円(税別)と
   とします。

2 甲・乙間のお見合いから成婚までの行動の全ては、当事者がその全責任を負います。
 また、成婚前、金銭の貸借・高価な品物の授受及び贈答等は行なわないことを約束致します。

3 成婚料が発生する"成婚"は原則として、法律上の婚姻に限られるものではなく、当事者同士による結婚の口約束、
 また、同棲・肉体関係の成立・・結納等の客観的史実を含むものであり、これらの事実をもって、全て成婚料の発生する
 成婚とみなされることを承諾します。

4 成婚に至ったにもかかわらず、故意に成婚料を免れるような不正な行為があった場合
 通常の成婚料の倍額相当の損害賠償を支払うことを約束します。

5 交際が不調に終わった場合は速やかに取りやめ、以後乙に対し、一切の連絡を取りません。また、乙から
 連絡があった場合、甲はすぐに自身の所属相談室にその旨、連絡します。

 交際中に知り得た乙の個人情報に関しては、法律の規定する場合を除く他、一切外部に公表しないこと、
 また乙から受領した個人に関する資料に関しては乙に返還するか、さいせいふりうな方法により処分することを約束します
 

   平成  年  月  日

※誓約事項を確認、了承し、在日外国人女性との結婚を希望しますので、署名、捺印致します。

《甲》 会員NO.                  《甲の所属相談室》 相談室名

    氏名                                 相談室番号

                  印                    代表者氏名

                                                                 印

             

WBL TOP

Produced by WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd.
Copyright(C) WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd. All rights reserved.
info@zenburen.co.jp