HOME >会員入会Q&A  > 規定料金表 > 個人情報に関するしおり > 重要事項説明書 >入会申込誓約書


             入 会 申 込 誓 約 書


                                                 全国ブライダル連盟

 全国ブライダル連盟(以下連盟という)加入相談室__________(以下甲という)と___________(以下乙という)とは、
 連盟が発行する「会員ニュース」の使用について、以下の契約をします。なお『会員ニュース」とは、入会登録者
 の写真・略歴等が掲載される印刷物(会員情報誌)や、ネットクラフ(インターネットを 利用しての情報提供システム)をいう。
 
1、〈連盟〉
 連盟には、各地区の結婚相談室(以下相談室)が加入し、その相談室に入会登録された方々の情報を、連盟事務局に
 集め10日ごとの「会員ニュース」に編集し、全相談室に再配布する会員制の組織です。なお、連盟と提携している
 グループに加入している結婚相談室も同一扱いの相談室となります。又、相談室は独立自営業者であり、甲に登録
 された個人情報や第8項の金員は甲が責任を持って管理します。
2、〈連盟事務局〉
 連盟の事務局は、横浜市保土ヶ谷区天王町1−7−6信州物産第ニヒル4Fに置きます。
3、〈目的〉
 独身男女が「会員ニュース」へ写真や略歴等を掲載・閲覧し合うことによって、その中からお互いに最も自分に
 ふさわしい結婚相手を選ぶための支援を目的とします。
4、〈入会できる方〉
 @語し方や、話すときの態度などの悪くない方。A社会人としての良識のある方。
 B法的にも実生活においても独身の方。    C連盟の資格基準に合格された方。
 D健康で結婚生活(経済的・身体的・精神的)に支障のない方。
 

5、〈入会申し込み〉
 乙に入会頂くためには、以下の金員及び書類の提出が必要となります。

@ 入会申込誓約書(年月日記載の本書) 入会契約日に提出
A 入会申込身上書(連盟指定) 入会後1週間以内に提出
B 会員ニュース掲載原稿用紙 入会後1週間以内に提出
C 独身証明書(公的に独身を証明する書類3ヶ月以内の原本) 入会後1ヶ月以内に提出
D 住民票 入会後1ヶ月以内に提出
E 卒業証明書またはそのコピー 入会後1ヶ月以内に提出
F 収入証明書 入会後1ヶ月以内に提出
G 写真(6ヶ月以内撮影)3枚 入会後1ヶ月以内に提出
H 入会金・登録料・月会費(Aコースの場合、月会費を5ヶ月分前納) 入会契約日に納入
I 資格や免許が必要な職業についてはその証明書 入会後1ヶ月以内に提出
 
6、〈会員登録〉
 @乙が前第5項@の入会申込誓約書の提出目を、入会契約日とします。
 A乙が連盟の資格基準に適合した場合、会員として登録します。
 B乙が連盟の資格基準に不適合の場合、その日より2週間以内に第5項でお預かりした金員及び書類を甲の負担
  で返送致します。なお、この審査基準は開示しないものとします。
7、〈乙に約束して頂くことがら〉
 @提出される書類や証明書などに「うそ」の記入をしないこと。
 A提出される書類等に変更が生じた場合には、速やかに甲に申し出ること。
 B会員ニュースヘの写真・略歴その他の掲載は認めるものとします。但し、写真の掲載や会社名・学校名・生年
  月日の記載は任意とします。なお、ネットクラブヘの掲載に限ってのみ写真・会社名・学校名等の掲載を拒否
  される場合は、右記の拒否を○で囲んで下さい。⇒拒否(拒否内容の詳しくはニュース掲載原稿用紙でご確認下さい)
 C会員登録をなさろうとしている方や、なさっている方に対して、乙の情報(会員ニュースに掲載されたもの)
  をお見せすることを認めるものとします。
 D会員ニュースやお見合い相手の情報について、掲載されておられる方々のプライバシーを守るため、第三者に
  対して以下のことをしない約束をしていただきます。なお、退会後も同様とします。
  イ、話したり見せたりすること。   口、複製したり自宅外に持ち出すこと。ハ、パスワードを教えること。
  又この約束を守らなかったことによる掲載者やお相手への損害については、乙に負担して頂きます。
 Eお見合いやパーティーへの参加を間わず、すべて自己の責任において行動して頂きます。
 Fお相手の人格を尊重してご交際頂くことになります。
 G交際相手との金銭貸借は禁止致します。
 H婚約する前に会員ニュースヘの掲載後の変更事項やその他、結婚するに際し大切な事柄(病歴・犯罪歴・その他)
   にっいてお互いに告知し合う(知らせ合う)ものとします。
 I交際をお断りするときには、必ず甲を通して断って頂きます。また、交際を断られた場合は、強要すること
   なく直ちにあきらめて頂きます。
 Jお見合い後の交際期間は、原則として90日以内とします。なお、90日以降の交際には別途費用がかかります。
 K会員ニュースや個人情報の「送付・伝達」手段として、TEL・FAX・郵便・メール便・電子メール等の方法を
   認めるものとします。
 L甲が第8項の入会金・登録料等に対する保全措置を講じていないことを認めるものとします。
 M成婚及び退会時には、書類にてお届け頂きます。
 

8、〈費用について〉
 乙には第5項H記載の入会金・登録料・月会費のほかに、お見合い料・交際料・成婚料を支払っていただきます
 (下記第1表の料金表参照)。また、パーティーなどの催しものについても、その都度参加費を支払って頂きます。
 なお、お見合い料は当日までに、交際料はお見合い後90日経過後、成婚料は婚約(口約束、肉体関係や同棲も含む)
 成立後7日以内に支払って頂きます。

第1表(料金表) 2014.3.1より
 ( 国際結婚・チェリー会員・ピーチ会員を除く)




コース Aコース(普通会員コース) Bコース(特別会員コース)
金額 消費税 小計 金額 消費税 小計
入会金 50,000円      円     円 250,000円     円      円
登録料 5,000円      円     円      0円    0円      0円
合計                 円                   円
会費/月      *1 3,000円      円     円 3,000円     円    
お見合い料/1回 5,000円      円     円    0円    0円     0円
成婚料(婚約のとき)*2 300,000円      円     円 100,000円     円    
お見合い後
90日以降も
交際の時の
月々会費
月会費 3,000円      円     3,000円     円      円
交際料 3,000円      円     3,000円     円      円
合計                   円                    円

   *1 Aコースの場合、入会時に月会費を5ヶ月分前納しでいただきます。
   *2 成婚されない場合には、成婚料は不要となります。

 
9、〈役務提供内容〉
 @連盟並びに甲は、お見合いや成婚を保証する組織ではありません。
 A会員ニュースは、連盟加入の全相談室並びに会員の自宅にて閲覧されることがあります。,
 B己への情報提供は、役務提供期間内に於いて乙の婚約者(会員間や会員外を間わず)が決まる迄となります。
 C会員ニュースに記載の内容は、評明用書類を提出された事項以外は自己申告によるデータです。
 D乙が会員契約をされますと、
  イ、会員ニュースによりカウンセラーと相談の上、お見合い相手を選び始めます。
  口、お相手も、このお見合いがご希望ならばカウンセラーを通じて日時等の設定をし、原則として
    カウンラー立会でのお見合いとなります。
  ハ、お付き合いが始まりますと、カウンセラーと相談しながら数ヶ月のご交際となります。
  二、会員ニュースに掲載されますと、お相手からのお見合いの申し込みもあります。
  ホ、lO日ごとに発行される会員ニュースや既存会員の中から15名を選んでお見合いの申し込みをする
    ことが出来ます。
 Eお見合い場所は原則として女性側相談室の指示によります。また、遠距離お見合いとなった場合の交通費は
  話し合いとするが、話し合いをしなかった時又は話がまとまらなかった時は、往復5,000円までは本人(電車に
  乗る人)負担とし、5,000円を越えた分については、お見合いの申し込みをした会員の負担になります。なお、
  新幹線や飛行機代は含むが、タクシー代は含まないものとします。
 F甲は、乙からお見合いの申し込みを依頼されたときには、速やかに相手方相談室にその申し込みをするなどの、
  お見合いの設定に入ります、もし、その後2週聞過ぎても何ら返事がなかたときには、.このお見合いは成立
  しなかったことになります。
 G乙はお見合い後、2日以内に甲に対して結果の報告をし、甲は相手方の相談室に交際(この時点でお互いの電話
  番号を交換)或はお断りの連絡をします。
 H乙は、連盟が主催する各種パーティーの中から、乙の条件に合ったパーティーに参加できます。なお、参加費
  は乙の負担となります(参加者多数の場合は、先着順となります)。また、パーティーの案内はその都度連盟
  事務局より甲を通じて乙へ遼絡されます。
 
10、〈甲が守ることから〉
 @甲は、代表者を個人情報保護管理責任者とし、連盟が定める「個人情報取扱規程」を遵守すると共に、
  乙の写真・入会申込身上書・独身の証明書等の個人情報を厳重に管理し、その保護を徹底すること。
 A会員ニュースヘの掲載や第7項BCの場合を除き、個人を特定できるような情報は第三者に開示しないこと。
 B会員ニュースの印刷物(会員情報誌やネットクラブからの印刷物)を会員にお渡しする場合には、印刷物の内容
   ・数量・貸与の期間並びに索三者に開示しない旨の誓約書を取ること。
 C入会申込身上書・会員ニュース掲載原稿など、個人情報の記載事項については乙自身に記入して頂き、また、
  後日乙より開示や訂正、削除の要請があった場合には、甲は速やかに応じるものとする。
 D乙からお預かりした書類等については退会後1年間保管し、その後滅却すること。なお、インターネット上の
  データはただちに削除すること。
11、〈以下のとき会員資格を失います〉
 @乙が婚約のとき。     A甲の指定した期目までに第5項の書類を提出しなかったとき。
 B乙が会費を3ヶ月以上滞納のとき(但し、休会中は除く)。
 C乙が脱会をしたとき。   D乙の住所が分からなくなったとき。
 E甲が乙を会員としてふさわしくない(不誠実・非常識・その他)と認めたとき。
12、〈以下のとき乙は除名となります〉
 @乙が本契約に違反したとき。A乙が連盟や甲の品位や信用を傷つけたとき。
 B乙が相手会員に対して、物品の販売や投資・宗教の勧誘をしたとき。
 C乙が甲に提出された書類に「うそ」があったとき。
 D乙が犯罪行為や反社会的な行為を行ったとき。
13、〈以下のとき損害金を支払っていただきます〉
 @乙が第7項または第11・12項に抵触して、連盟や甲または相手方に迷惑をかけた場合、それによる損害金等は
  乙の負担となります。
 A連盟が主催する各種イベントに於いて、乙の不注意から生じた事故や被害については、連盟や甲はその責任を
  負わないものとします。
 B乙が、約束したお見合いをキャンセルした場合には、5千円を支払って頂きます。また、お見合いの当日に
  なって変更したりスッポカシをした場合には、理由にに関係なく1万円を支払って頂きます。但し、早めに
  連絡が取れて『お相手も納得され』改めて「お見合い」となった場合には不要とします。
 C乙が、甲の紹介によって交際に入ったり、または連盟組織を利用して知り合った場合には、たとえ脱会して
  婚約(口約束、肉体関係や同棲も含む)が生じた場合でも、成婚料を支払って頂きます。また、故意に支払いを
  逃れるような不正な行為があった場合には、成婚料の倍額を支払って頂きます。
14、〈クーリング・オフ〉
 乙がクーリング・オフ期間(契約日から8日間)内に契約の解除を申し出た場合には、甲は無条件で契約を解除
 します。
15、〈中途解約〉
 乙がクーリング・オフ期間経過後に契約の解約を申し出た場合、解約返戻金は以下の通りです。なお、具体的
 には別紙「結婚相手紹介サービス内容説明書」をご参照下さい。
 @役務提供開始前なら
  前受金(入会金、登録料等)から「契約の締結及ぴ履行のため通常要する費用」として政令で定められた初期
  費用(3万円)を差引いた額を返還致します。
 A役務提供開始後なら
  前受金からイと口の合計額を差引いた額を返還致します。
  イ、既に提供した役務の対価に相当する額(但し初期費用を含む)。
  口、解約によって通常生ずる損害額として政令で定める額(2万円又は契約残金の20% 相当額のいずれか低い額)。
 B乙が疾病や不慮の事故等により契約の解除を申し出た場合で、客観的に証明される書類が提出された場合は、
  「特別解約会員」と致します。「甲の都合」や「特別解約会員」による中途解約をする場合は、前受金から
  前A項イの既に提供した役務の対価に相当する額(但し、初期費用も含む)のみを差引いた金額を返還致します。
 Cご入金の月において、入会契約日から解約日までの期間が8日間を越えた(9日以上)場合や月初めから8日
  を過ぎた(9日以上)場合は経過月数として加算致します。
 D月中途での解約の月会費は、8日以内なら不要9日以上なら支払って頂きます。
 E第11項の場合は、「乙の都合」が適用されますが、@の婚約は契約の完結であり返還金はありません。
 F第12項(除名)の場合は、一切返還致しません。
16、〈契約・役務提供期間〉
 契約期間は、契約日から2年間とする。また、病気やその他の理由でやむなく休会する場合、休会の
 有効期間は1年間とする。なお、役務提供期間は契約期間内に於て2年間とし、以下の日を役務提供
 開始日とします。
 @第9項Dのイで、お見合い相手を選び始めた日。
 A乙にパスワードをお渡しする場合には、前@項又はパスワードをお知らせした日のいずれか速い日。
17、〈紛争の解決〉
 @甲と乙との間に紛争が生じた場合には、甲の所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を管轄裁判所とします。
 A連盟並びに甲は、乙がお見合いの申し込みをした会員やその関係者に対して、写真や身上書等をお見せしたこと、
  又第7項BCにおいて写真・生年月日・暗歴等を会員ニュースヘ掲載したこと、によっての損害に対して、
  その責任を負わないものとします。また会員間に生じた紛争(第7項Gの金銭貸借など)についても、
  その責任は負わないものとします。

18、〈付則>
 在日外国人(以下ビーチ会員という)の方々の入会については付則を別紙に定める。

19、〈相談窓口〉
 お客様相談窓口は連盟事務局TEL045・332・3778をご利用下さい。  Email info@zenburen.co.jp
 受付時間 午前10時〜午後6時 水曜日・日曜日は定休日とさせて頂きます。

20、〈未規程事項〉
 本契約に定めなき事項や契約の改正等がある場合は、互いに連絡しあい甲・乙協議の上妥当な処理をする。
 
                         
                      クーリングオフのお知らせ

1、会員は、契約書面受領日を含む8日間を経過するまで、書面により、無条件に入会契約を解除することがで  
  きます(この解除を「クーリング・オフ」といいます)。
2、甲(当相談室)がクーリング・オフについて不実告知またぽ威迫したことにより、会員が誤認又は困惑して
  入会契約の解除を行わなかった場合においては、会員は、甲より改めてクーリング・オフができる旨の書面を
  受領した日を合む8日間を経過するまでは、入金契約を解除することができます。
3、 1、及び2、による入会契約の解除は、会員が、当該入会契約の解除に係わる書面を発したときにその効力
   を生じます。この場合は、必ず書面により、所定期間内に甲宛に発送して下さい。仮にこの郵便の到着が遅れ
   ても、各クーリング・オフ期間内に発したことが証明できる(郵便消印日付など)のであれば入会契約を解除
   することができます。
4、 1、及び2、による入会契約の解除がなされた場合、この契約解除に伴う違約金又は損害賠償は発生しませ
   ん。また、既にサービースの提供がなされている場合であっても、甲は、その料金を請求しません。既に
   お支払い済の入会金及び登録料などがある場合は、速やかにその全額を会員に返金します。
 
 甲と乙とは入会申込誓約書のすべての条項を了承し、各自記名捺印の上本書を作成し甲・乙各1通を保有する。

 平成  年  月  日


  甲  全国ブライダル連盟加入相談室          乙

  住所                               住所

  相談室名                            氏名                        

  代表者名

  TELNo

  担当者名                    

 
 乙は、本入会申込誓約書をよくお読みになり内容をご確認の上、
 記名捺印して下さいますようお願い致します。 
 
  

2017.2.12

WBL TOP  

Produced by WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd.
Copyright(C) WORLD BRIDAL LEAGUE Co., Ltd. All rights reserved.
info@zenburen.co.jp